診療時間
9:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 18:00 / / /
  • ▲ 土曜午後は14:00〜15:30
  • 休診日:木・日・祝

電話でのご予約

093-551-3508

〒802-0001 北九州市小倉北区浅野二丁目14‐5 あるあるCity2階

キービジュアル
  • Instagram

痛み」が少ない
削る量」が少ない
可能な限り「
歯を残す

この3つが当院の基本方針です

可能な限り痛みを抑えて治療します

可能な限り痛みを抑えて治療します

治療には痛みが伴うことがあります。特にお口の中は刺激に敏感で、痛みも激しく感じやすいのです。歯医者に苦手意識を持っている方は、「痛いのがイヤ」というケースが非常に多いです。当院では、以下のような取り組みで、痛みを最小限に抑えることを目指しています。

  • STEP1表面麻酔

    麻酔注射を行う前に、歯茎表面に麻酔を施します。表面麻酔は表面から染み込ませるタイプの麻酔ですので、それ自体に痛みはありません。

  • STEP2極細の針を使用

    注射針は、細ければ細いほど痛みを感じにくいという特徴があります。当院で使用している針は、国内で流通している規格の中でも最も細いタイプのものです。この針を使ってソフトに注射することで、痛みを抑えます。

  • STEP35倍速コントラ

    「コントラ」は歯を削るための、ドリルのような治療器具です。5倍速コントラは通常のものに比べて回転速度が5倍となっており、高速回転することで振動量が減り、治療中の痛みを抑えることにつながります。また、治療中の「キュイーン」という不快な音も小さく済みます。

  • STEP4痛くない部分を狙って麻酔注射

    お口の中には、痛みを感じやすい部分と、そうでもない部分があります。そこで、痛みを感じにくい部位を狙って麻酔注射を施すことで、痛みをさらに減らすことができるのです。

可能な限り削る量を抑えて治療を行います

可能な限り削る量を抑えて治療を行います

虫歯治療では、虫歯菌に感染した箇所のみを削り取ることが理想ですが、実際には感染箇所の周囲にある健康な歯質まで削り取っているケースが大半です。これは感染部位が削り切れていないと虫歯が再発するためであり、リスク回避のために広範囲での削り取りが行われます。

しかし、歯は一度削ってしまうと二度と再生しません。もし過剰に削った歯の同じ箇所で虫歯が再発してしまえば、今度は歯ごと削り取る、つまり抜歯処理をしなくてはいけなくなる可能性もあります。

虫歯治療で不必要に歯を削りすぎることは、健康な歯を残していくためにも避けるべき行為です。当院では、以下のような取り組みで、削る量を最小限に抑えるよう努めています。

  • 取り組み1高倍率ルーペで治療の精度を大幅に向上させる

    歯科治療には、繊細で高度な技術が求められます。歯の内側まで進行した虫歯であれば、歯の内部までしっかりと視認する必要があります。当院では、肉眼よりも何倍も視野を拡大して確認できる高倍率ルーペ(拡大鏡)を活用して、精密な治療を実施しています。

    • 高倍率ルーペ
    • 高倍率ルーペ
  • 取り組み2う蝕検知液

    う蝕検知液は、虫歯菌に感染している箇所を赤く染める薬液です。これにより、虫歯の場所とそうでない場所をはっきり区別することが可能になり、必要以上に歯を削り取らないようにすることができます。

可能な限り歯の神経を残した治療を行います

可能な限り歯の神経を残した治療を行います

「歯の神経を残したい」「できれば抜歯は避けたい」という患者さんの声を多くいただいています。歯の神経を取り除くと、歯はもろくなり、歯自体の寿命が短くなってしまいます。神経を除去することも、将来的な抜歯のリスクをあげてしまうという理解が必要です。

当院も患者さんと同じように、治療によって歯を失うようなことは避けたいと考えています。そこで、当院ではなるべく歯の神経を残し、最大限抜歯を回避するための治療を行っています。

    • エクストリュージョン法
    • エクストリュージョン法
    • エクストリュージョン法

コラムコラム―最短1日・低価格で、銀歯を白くすることができます

すでに詰め物で銀歯にしている人の中には、審美性や機能性の観点から、セラミックに変えたいという方がいらっしゃいます。しかし、セラミックの詰め物に作り替えるためには、それなりの時間と費用がかかるというデメリットがありました。

当院では、これらのお悩みに対応できる「ダイレクトボンディング」という手法で治療を行うこともできます。ダイレクトボンディングには、セラミック治療に比べて短期間で、安価に治療ができるというメリットがあるだけでなく、

・歯の表面の傷やシミを改善
・すきっ歯の改善
・歯の形の改善

など、様々な審美性改善を目指す治療も行えます。

もちろん、銀歯の詰め物を行う前に、最初からダイレクトボンディングで治療を行うこともできます。適応症例は限定されますが、興味がある方はぜひご相談ください。

※ダイレクトボンディング法での治療。時間の経過とともに変色するリスクがあります。

虫歯治療後の詰め物・被せ物の種類

虫歯治療後には、詰め物・被せ物を行います。このときの素材には様々な種類があります。一般的によく知られているのは「銀歯」で、これは保険適用の対象となる素材です。

しかし、銀歯は金属アレルギーを誘発するリスクがあり、見た目や耐久性・治療精度が低くなりやすいなどのデメリットがあります。保険適用外となる治療材料の場合、こうしたデメリットは最小で済みますが、健康保険の適用対象外ですので、費用はそれなりにかかってしまいます。当院では、患者さんのお口の状態や希望などを伺ったうえで、最も適切な素材をご提案しています。

詳しくは料金表(リンク)をご確認ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

093-551-3508

医院住所

〒802-0001
北九州市小倉北区浅野二丁目14‐5 あるあるCity2階

PAGETOP
WEB予約 24時間受付中